a Human Power

最近、ブログネタのためにDig.Cameraを持ち歩く事が多くなった。で、改めて思う事。人間の目って本当に素晴らしい! 遠近感、焦点の合い方など全て、どれをとっても、カメラは人にはかなわない。私の目は半世紀を過ぎて近いところの焦点がボケて来たけど・・(哀)。目だけではなく人間の持つ能力は本当にすごくて、機械なんて足下にも及ばないのはわかりきっている事なのに。

昔から、VideoCameraを持って運動会などのイベントを追いかけ回す大人(親)達を軽蔑してよく思ってなかったけど、それは、何かに記録する(子供の成長を記録・・っていうと聞こえが良いが)よりも、その瞬間を自分自身で感じ・記憶する事こそが、何よりも大事であると思っていたから。これも人の記憶が機械(の記録)より高いからこそ。

写真もビデオも、記録する「道具」で面白いとは思うけど、無くてはならない物ではない。いま起きている事実(例えば子供の成長)に目を向け、自分の目で見てきちんと感じれば、きちんと記憶に残るのに、本来の目的を忘れて、レンズを通して見ても心には残らない。心に残っていなければ、後で記録を見たって感動しないだろうに・・。

それに機械に残せば、その事で安心してかえって記憶に残らない・・という事だって起きる。記録する(出来る)事は素晴らしい文明だが、文明を利用する側が、自分では何も動く・努力する必要の無い簡単な媒体を使用する時に、それに没頭し、これを盲目的に信用してしまうと、本来の目的から外れている事にすら気付かなくなる。

その上、自分の子供をファインダー内に収める事に必死になり、他人の迷惑顧みず、どこにでもしゃしゃり出るような人とは、お友達にもなりたくない!

様々なメディアが乱立し、テレビやネットに情報が溢れ、それを見ているうちに全て「解った」「知った」「見た」・・・ような気になっている、疑似体験のみで「錯覚」かも知れない事を、さも、それをやったような気にさせるものも要注意!こういう意見をネット上で喋っているのだから、ぜ〜んぜん説得力がないけど・・。でも、使用している「人」が機械に振り回され、機械に使われているなんてもってのほか。Digitalな文明だって、それを使用しているのはAnalogな人間だという事を忘れてはいけない。

本当に人の持つ能力は素晴らしいのです。五感を使ってもっと正しく感じ、正しく考えないとドンドンおかしな方向に向かう気がする。正しく「感じられる大人」が「正しく感じられる子供」を育てていかないと、この世界はどうなるのだろう。文明より文化が大事だと思うのだけれど。

*更新情報

サイト内のページの配置 変更

Bistroさいとう応援ページ 新設

リンク 更新

・・・を行いました。

Leave a Reply