きみのスープ

だけのキミのスープを飲みにBストロに行きました。ホントはスープとパンとワインのみで帰るという約束だったのですが、そんな訳にいくかい!

先に食事をすまされたお客様が帰られたので、のんびりと気兼ねなく、Sいとうシェフご夫妻と会話を楽しみながら、食事が出来ました。

生ビールサーバーが入って(フランスのビストロでは置いているところも多いのだそうです)また楽しみが増えました。ビールに合う前菜、ワインに合う前菜、どちらにも合う前菜・・・。前回伺った折に、ドイツ風のビールの注ぎ方&グラスの選び方(←えっらそうに!)をご披露したところ、なんだか気に入って頂いたようで、ビールサーバーの業者の方とも話をされたようです。テリーヌ・レバーのパテ・リエットの盛り合わせで、ビールを美味しく頂き、魚介類のサラダ仕立てで白ワイン、だけのきみのスープ私の作ったスープとは違うものですね。もちろん対抗する気もありませんけど。これでなければ、せっかくの「きみ」が可哀想。素材は美味しく食べられてこそ生きるのです。人間も何かの命を奪って(植物でも)生きているのですから、美味しく無駄なく調理して感謝しなければ。まあ、だからといって家庭料理が全部プロのレベルになる必要はないですけれど。(でも、出来る限り一生懸命に、無駄なく感謝して食べる事は必要だと思うなあ)Sいとうシェフの素材に対する思い入れと、素材の良さを引き出す「腕」を再確認するものでした。国産ウサギのロースト(美味!)とサワラのソテー(皮めの香ばしさと火の通し加減が絶妙!)を頂きました。鰆は、文字通り、春の魚だと思っていましたが、戻り鰹のようにこれからも美味しいのだそうです。以上に、赤・白のワインを好きなように(!)合わせてやりたい放題!ビールサーバーは私にとって「吉と出るか凶と出るか」・・・「狂」と出るかも。

最後に珍しくこちらからお願いしたデザート。・・・だけのきみで作ったプリン。青森の県産品で作る創作料理の話になって盛り上がりました。トウモロコシを送って貰っている農園にもBすとろSいとうの事を紹介する事にしてお店をあとにしました。本文中にもリンクを貼りましたが、Bすとろの料理写真ギャラリーを更新しました。興味のある方はご覧になって下さい。

なんだか、Sいとうさんのページの編集を手伝って、私のこのブログの下位ページから一般に公開するようにしてから、料理を食べに行っても素直に書きにくくなった。なんだか「どうせ宣伝だろ」的に思われないか気になりはじめた。・・・う〜ん、こんなつもりではなかったんだけどなあ。

私のブログとBすとろSいとうのページはまったく別個に独立した存在ですから。私の感想はまったく個人的なもので、無理に誉めている訳ではありません。(わざわざ断らなくても、解って頂けると思いますけど)気に入らなければちゃんとけなしますから!←貶すんかい!

「うまいもんはうまい!」←by Yき肉のHや Tるべ ←知らんか・・知らんやろな。

Leave a Reply