地震2

本当に未曾有の天災です。1000年に一度!・・・というのも約1000年前の平安時代に同じ地域を震源とする(らしい←見たんか!と突っ込み)大きな地震があり、この際の津波の痕跡が、海岸から何十キロも内陸側に残っているらしい。ならそういえよ!←言われたって防ぎようが無いけどね。結局、人間は喉元過ぎれば・・・で、恐怖を忘れたら、多分大丈夫だろうとタカをくくって、また被害が起きてから(必ず後付けで)「だから言ったじゃないか!」的な反省しか出来ない生き物なのかもしれない。

永遠の真理は「人間は自然を超えることは出来ない」って事でしょうね。

反省しない・・繋がりでは、メディアの取材のひどさ。質が悪い。阪神淡路大震災の折、テレビでこれを糾弾したK岡R太郎とS福亭Tるべに快哉を叫んだものだが、誰も覚えてないのかな。取材のヘリの爆音で、何人もの「本来は助かったかもしれない人達」の助けを呼ぶ「声」が聴こえなかったかを、実際にボランティアでそこにいた人(K岡の息子もその一人)の体験談で話をした。

なぜ東京のメディアが人も機材も東京から連れて行って取材する必要があるのか。何のための新聞社やテレビ局のネットワークなのか。取材が必要なら現地から近いところから行くのが鉄則でしょ? 先日書いた「無駄遣い」とも通じますが、何より、今この状況で、ヘリコプターで「地震の専門家」と称する大学教授を乗せて海岸線を視察する必要がどこにある。ヘリを飛ばすなら、「SOSと書いてあります」と放送するのではなく、医療や救助は無理でも、食料をたくさん持って「SOS」を発信しているところへ置いて(落としてでも)こいよ。それにテレビカメラを積んでついでに中継をするならまだ許せる。物の使い方を間違ってる。

そもそもテレビでは何も伝わらないんだよ。実際現地に行ったら多分皆が息を飲み、言葉も出ないと思う。テレビの映像は事実を(かなり)薄めてしか伝えてくれない。だったらそんな取材は不要じゃないか。

逆に、原発の関連は、全て官邸のコントロール内の(つまりウソかもしれない)情報で満足していて、それ以上自ら情報を探しには行かない。外国のメディアの情報とは全然違うんだよ。←外国の情報が正しいとも言えないけど。でも、チェルノブイリの時も、ソ連(←この国の体制にも問題があったにせよ)より先に放射線量の異常を発表して、事故を捉えたのは、アメリカと北欧の原発関連の施設の放射線を監視する機関だった。

そもそも、すべて「想定外の地震」で片付けてるけど、原発に想定外はあってはならない。原発推進派の議員や企業は、自分たちで人的バリケードを築いて(←これが無駄なのは解っていても!)でも、これまで無理矢理に原発と近所付き合いをさせられてきた福島の人達を守るべき。他の地域の原発も、これを機会に見直した方が良い。人間がコントロール出来ない事が判っていて、これを無理矢理実用化しているなんて本来あってはならない。起きた事はもう後戻りは出来ないんだから、少しでも今後良い方向になるように誰かが責任を持って(私には出来ない!残念ながら)具体的な策を国民に見せるべきです。

原発が無くなって電力量が減るなら、どこかで使い方を見直せば良い。東京タワーがライトアップしなくなったって、コンビニが24時間営業じゃなくなったって、東京ー新大阪間2時間30分が5時間にスピードダウンしたって誰が困る?今有る物や便利が無くなるからって、本当に必要かどうかは考え直すべき。これって既得権益を手放したがらない「政治家」や「役人」とその取り巻きに似てる?

計画停電・・とか言ってるけど、節電するなら、テレビ局を時間制で停波させて、1局ずつ持ち回りで必要な情報のみ放送する形にすれば、かなりの節電になるのでは?

鉄道を止めて節電・・なんて考え方が間違っている。動くな仕事をするなと政府が言ってどうする。経済状態(株価)が心配なんて言うなら、それは一番してはいけない。特急・急行を止めて全て各駅停車にして15分間隔くらいでゆっくりでも確実に走らせていれば、混乱は最小限ですむ。

関東近郊の計画停電も全て情報が錯綜してどうにもならない。報道する側は与えられた物を読み上げるのではなく、きちんと仕事をするならこういう取材をするべき。泣いてる被害者をアップにしても何も解決しないんだよ!そもそも被害者に失礼だろう。

仕事にせよ生活にせよ、きちんと「何時〜何時まで」停電すると言われれば、準備も出来るし協力も出気る。停電も交通情報も全ての情報がいい加減で、不要な映像ばかり垂れ流される。(ここだけ私信:ウチのサーバーを管理してくれているY内もすごく苦労してるはず。ごめんね)

東京では、食べ物やトイレットペーパーがスーパーから消えました。被災地やその近くではもちろんでしょうけど、とりあえず大した被害ではない東京でもこんな状態です。誰かが余計な流言飛語を流したか、それに近い情報が報道されたか・・・?それでなくても道路や鉄道が寸断されて物流がうまくいかないであろう事は想像がつくので、こんな時にこそ「自分さえ良ければ」ではなく、皆が助け合って生きていこうよ。

・・・と、こう書いている最中、今まさに福島第一原発の3号機で水素爆発が起こったという報道。本当に水素爆発かどうかは不明。チェルノブイリの二の舞でない事を祈るばかりです。

Leave a Reply