不思議の国

島田紳助が芸能界を引退するらしい。関西人である私は彼の話芸を認めるに吝かではないし、頭の良い面白い人物だと思っていた。現在の彼の持っている番組内容云々とは全く別の観点でっせ。もちろん彼の人柄や現在の業界内での力関係なんてものも別。もともと一筋縄ではいかない人物(京都人やしね!)であろうし、片方の側面からだけ見ても彼の事は理解出来ないだろうと思う。それはさておき…

昨夜から今朝にかけてのニュースの取り上げ方たるや!!なんやねんこれって。

いかに人気や影響力があるとはいえ、元漫才師の笑芸人または司会者が芸能界を引退する事がトップニュースか!?前原氏の民主党代表選への後だしじゃんけん参加表明とか、報じなければならない順序ってものがあるだろう。党内の選挙とはいえ、与党第一党の代表選挙は、実質次の首相を決める選挙じゃないか。他にも日本国債の格下げや円高と世界株安、岐阜の大雨、いまだ終わらない原発処理と国の食品を対象にした放射線抜打ち検査…等々、世事に疎いガクタイだってこの程度の情報はある。

この中で芸人の引退がトップニュースというのはどういう神経なのかね?まあ結局は話題性の問題で、大衆がこれを見たいと思う(であろう)順番にニュースを取り上げているのだろうから、こちらサイドの問題か…あとは、現在の放送業界の中での「よしもと」の力の大きさとか。

なんだか不思議な国ですなあ。

関係ないけど「引退紳助」も「後だし前原」も京都人やね。実際の私の友人の京都人には何の恨みもないけど、なんか京都の人っていうと「肚に一物」というか、裏に何かを隠していそうな悪いイメージがあるね。これも引退した上岡龍太郎とか。この日との事は結構好きやったんやけどね。

Leave a Reply