アホや!

もう!まったくがっかり…

日付を一日間違えて新幹線の予約をしていた。明日11日に乗車分を今日10日で予約してしまっていたようです。ようです…というのは、先ほど気付いたから。始発の新幹線だったので、気付いたのは当然出発した後…というよりは既に下車駅に到着後の時間。JRからのメール「ご利用通知」が来て「なにこれ!?」と思って調べたらそうだった。

もちろん出発後なのでキャンセルも効きません。まるまる片道分無駄にした訳です。でも、金銭的な損=無駄に対するショックより、自分自身の「衰え」に対するショックが大きい。

この商売を長年やっていて、地方へ行くチケットの予約間違いなんて初めて!だって、交通の期日間違い=仕事の日程を間違えることなので、あってはならない。公演先に行って自分以外誰もいない…なんてあり得ないでしょ?逆に私一人だけがそこにいないことも!

なんだかなあ。今年は帰省ラッシュでチケットが取れないせいで日程を変更してもらう…なんてこともやってしまったし。確実に自分が「老い」に向かっているようでがっかり。とうとう老眼鏡も当たり前になって来た。

まだまだ「いけてる」つもりなのです。精神的に「30台」と何にも変わっていないつもりなのです。(←精神年齢という意味ならそのまま当たっているのも事実ですけどね)

あ〜あ〜!…いやいや「まだまだ頑張るぞ」

CレイジーCャッツのJ年行進曲の気分「毎晩いっても、大丈夫・だいじょうぶ」←この歌「何を毎晩いくのか」についてまったく詳述していない。そこが良いのだけれど。Hンダラ行進曲と同じやね。

Leave a Reply