ふと思いついて…

再び料理ネタです。前回の甘くなった野菜スープは、結局カレーへの道を辿りそうです。さて、今日は残ったサバ缶を使った料理。

たまたまソーメンを食べながら、箸休めに残ったサバの水煮缶をつまんでいました。水菜のおひたしもたまたまあった。

サバ缶って、最後の煮汁というかスープというか…モロモロにくずれたサバの身と油と煮汁とが混ぜ合わさった、捨てるに捨てられない…でも捨てるしかないヤツが残るでしょ。これってどうする?皆さんどうしてますか?サバ缶アンバサダーC秋チャンならゴクゴクと飲み干すね。(指揮者のI城さんは、アスパラの水煮缶が大好きで煮汁まで必ず飲み干すって言ってたな…ま、いいか!)

で、ふと思いついて、このモロモロの入ったスープを少量のソーメンに載せて、ショーユを一垂らし、レモン汁少々、水菜のお浸しを数本、刻んだネギを飾って盛ってみた。これが美味!

IMG_0074110929_1302~01

バミセリなどの細めのパスタ(冷製)でも合いそう。一口大にまとめたパスタにサバ缶とショーユとレモン汁。少量のオリーブオイル(グレープシードも良いかな?)&コショウ少々とか。細かく刻んだトマトをあしらって…前菜に良さそう。

サバ缶好きのSいとうシェフ、いかがでしょう? O阪本町のSずくのマスターにも話してみなければ!

Leave a Reply