気付いた!

今さら…ながらなのですが。

なぜオジサンになるとお腹が出るのだろう。イヤだなあ!元々細い方ではなかったけど、若い頃は堅いデブだった私が中年を過ぎてだんだん柔らかいデブになって来た。まあ、最近の話ではなくずいぶん前からですけどね。ピアニストのKちゃんとC秋チャンと私と3 人でDPR(デッパラーズ)というトリオを組んでM1に出よう!と盛り上がった事も。(さらにその後、O阪の元ピアニスト看護師ともM1出るでえ!と約束していたんだけど…これは関係ないか)…で、私はこれを酒のカロリーせいにしていた。オジさんになると酒量も増えるしね。

しかし!気付いた。簡単・単純な事だった。

若い頃と同じだけの量を食べると太る。成人した大人にカロリーは要らない。そりゃあそうだ。身体は成長を止めてしまっているし、現状を維持さえ出来れば、身体自体はどちらかというと(いや!間違いなく)衰える方向に向いている。運動量が同じでも若い時程のカロリーは不要。しかも運動量は減ってる!!さらに酒量が増えてその分のカロリーも加算。あかんやん。

でもね、気持は若い時のままなのですよ。飯を食いに出て◎△セットとか、大盛りとか書いてあるとまずそちらに目がいく。若い男の子が大盛りを頼まない事なんて考えにくい。さらに「大の大人が」「男のくせに」的な見栄も絡んでくる。何の意味もない「見栄」にすらならないような話なんだけど。いつまでも若者の気分でいたいと言う事なのかも。でも実は、もうそんなには食えないのです。そば屋の大盛り(あるところで中盛りをギブアップしそうになった時は心底ヘコんだ)が食えない。セットものも要らない。美味しいものを少し食べれば満足してしまう。ちょっと寂しいのだけれど。

こんな事はたぶん常識なんだろうけど、私は知らなかった。もう!だれか教えてよ。

アルコールも減らそう←ほんまか!?公開ダイエット日記とかやると意地で減らしそうな気もするなあ。後悔ダイエット日記になったりして…あ〜あ。

Leave a Reply