うどん一P

やっぱり一Pはスゴい!麺が美しい!

111108_1305~01

茹で上がったうどんを水で締める時にザブザブと大量の水の中で洗うような作業をしますが、その時に手に伝わってくる感触が何ともなめらかな麺の質感を感じる。←前回も同じ事を書いたような覚えがあるなあ… 細いのにコシと伸びがある他にない類のうどんです。M通団のT尾団長が奇跡の細麺と絶賛し、お店には長い行列ができるのが良く解る。もちろん家で茹でるよりお店の大きな釜で茹でたうどんの方がずっと美味しい。細麺のNかむら→N村(やお:笑)→一Pと、兄→弟→弟子と受け継がれた同じ系統の麺がどんどん洗練の方向に進化しているような印象。もっと太いどっしりしたうどんも好きだけど、これはもちろん好みの問題。ちなみに蕎麦は(今の私は)洗練更級系より田舎麺の黒くて太くて蕎麦の香りがガッシリする方が好き。うどんでも皆それぞれに好みの方向が違うんやろな。

Sいとうシェフは、持っていったうどんをパックの上から一目見ただけで「いつもと違いますね」と見抜いた。さすがプロやね。次回に食べた感想を訊いてみなければ。Mず家のオヤジにもお裾分けしたのだけれど、K原家ではどうだったかな?奥さんは兄より弟(やお)が好きと言ってたから、一Pはもっと好みのタイプかも。

さて、ビストロS いとうの料理写真ギャラリーの更新が終了。写真の点数が大幅に増えました。料理好き&食いしん坊な方は是非ごらん下さい。

Leave a Reply