体調不良

久々の体調不良週間…

12/10・11とY形での仕事の際、寒さ(T京とはスゴい違い)とホテルの乾燥(これはどこでも同じなので仕方がない)で喉の奥に違和感を感じて帰って来た。その後こちらで仕事をして13日の夜に発熱→ダウン! これは既報の通り

熱に関しては私はすごく自信がある!子供の頃、扁桃腺が弱く(あまりにひどいので小2の末に切除手術実施)具合が悪くなるととたんに高熱を出す(40℃は当たり前!の世界)状態だったので、37〜38℃くらいではびくともしない。40℃から38℃に下がったらもう体感的には治った!と感じて学校に行っちゃう、友達と遊んじゃうという生活だった。

今回のダウンの際も(計ってないけど)かなりの高熱の実感だったのですが、翌朝には熱は下がり仕事に出かけた。出かけるなよ!他人に伝染したらかえって迷惑でしょ!という声には、我々の仕事は替えがいないので…とお答えしておきます。体調が悪くても身内が死んでも仕事を休んだ事はない。(←自慢になるかな?)

そういえば、十数年前にY形響の阿久悠Sが東京公演のためにウチに泊りに来た時(その仕事には私は出演していなかったが…)に、当時Y形響で大流行していた悪性の風邪をお土産に持って来てくれて(←要らんわい!)きっちり私にもうつして行った事があった。本当にひどい風邪で翌日すぐに症状が出て(発熱・悪寒・Hき気・G痢)、私は自分の仕事場(その時はT王洲アイルにあるAートSフィアで、N丸M千繪の人間の声:Poulencを約1ヶ月程連続公演していた)までをほぼ各駅停車状態で、全ての駅のトイレを利用するという大惨事。仕事場では皆さんに事情を話し、決して私には近づかないように言って、演奏中以外は楽屋の隅に自分のスペースを確保してずっと寝てるという有様!それでも仕事は休まなかったし、仲間も休めばと言ってくれない。まあ当然。

今回も仕事に加えて妹の引越手伝い(母と同居してくれるためなので放っとけない!)などで毎日休めず、夜になるとぼうっと少し発熱しているような感覚を酒で麻痺させて(!)翌朝には熱はひいているという状況。Mず家のオヤジ(←飲みにいくなよ!)にもNしやんの具合が悪いのは初めてみた!と言われた。

今日で1週間と3日目、まだ快癒ならず。咳は残るし喉と鼻(に繋がる耳も少し…)の具合も今一歩…こんなに長引いているのは本当に久しぶり。おまけに昨夜から右目がおかしい。何か菌でも入ったのか、充血して腫れぼったい。

踏んだり蹴ったり… 年齢のせい!?負けずに頑張らなくては。

Leave a Reply