判断は試してから

今日の昼食。かねてから試してみなければと思いつつ、なんだか怖いので試さなかったメニュー。

「納豆カレー」

えー!!と普通なら引くメニューですよね。私もずっとそうだったのですが、Tモリ氏はじめ様々な皆さんが絶賛していて、一度試してみたいのに思い切れない…今日は普段あまり作らないタイプの和風カレー(昨日のおでんや筑前煮の残りでつくってみた。これもお試し仕様)になったので、もしかしたら合うかも…と思って。

結果。◎。合う。美味しい。

見た目は普通のカレーにしか見えないので写真は割愛しますが、とにかくカレーに納豆は良く合います。それもよく混ぜた方が美味しい。そもそもカレーに豆は相性が良い訳だし、それにネバネバとカレーのとろりの相乗効果。インド風のさらさらカレーよりは日本風の少し粘り気のあるカレーの方がうまいと思います。これなら納豆嫌いの人でも美味しく食べられるのでは?

カレーうどんにも合いそう。「釜玉納豆カレーうどん」なんてどうかなあ。麺通団に提案してみようかな。皆さん是非お試しあれ!

2 Responses to “判断は試してから”

  1. 納豆博士 より:

    カレーに納豆は相性抜群。茹であがりのパスタに納豆をからめ、大葉を仕上げに!あらかじめ、器に納豆と長葱(多め)、塩、醤油を合わせておき、80回よ〜く混ぜ合わせておきます。 あとはバケットを軽く焼き、バターを塗った上に(ジャムでもOK)納豆!一度お試しあれ。ちなみに、挽き割りはダメ、あれ納豆じゃない。

  2. nishida より:

    納豆博士様
    コメントありがとうございます。どちら様かは存じませんが、80回よ〜く混ぜ合わせ…という拘りぶりが「某Sいとうシェフ」と同じ匂いがします。
    80回は時計回りでしょうか、それとも反時計回り?
    パスタに納豆は大好きです。バケット&バターに納豆もよく存じております。(東北では納豆トーストは離乳食らしいですね)
    しかし!ジャム&納豆は…また試さなければならないメニューが増えました。少し怖い(笑)

Leave a Reply