駄洒落か!

最近のワープロやメールソフトの機能に予測変換ってヤツがあるでしょ。昨年11月から使いはじめたiPhoneにもこの機能が付いているのですが…

ユーザーの使用頻度の高い言葉が、自動的に日本語変換の上位に来るようにプログラムされて、文章中でも一つの言葉の次に来るセンテンスをソフトが予測して提示する。そういえば、あるところで聞いた話…旦那さんの浮気を疑っていた奥さんが、ご主人の携帯電話のメールソフトを使って、この機能から浮気相手の名前や良く行くデートの場所まで全てを解明したらしい←怖っわ!

さて、今日私が問題にしたいのは昨年秋の製品であるiPhone4Sの予測変換の内容について。「のみに」と入力したのですが(ちなみに今日は「それだけ」という意味の「〜のみ」と使いたかった。まあ、普段の私の生活を知っている方は「飲みに」「呑みに」あたりが上位変換になるだろうと思っている筈。まあ、当りだけど…それ以外にも「蚤に」「の実に」「の身に」「のミニ」なんてのがあっても良い)候補の3番目あたりに出て来たのがこれ▽

nomini

おいおい…「飲みニケーション」って…もう死語ちゃうん!?私は一度も使った事がない駄洒落。だから私の使用頻度が高いなんて事はあり得ない。iPhone4Sを開発した時の日本語の担当者のセンスにこの言葉があったって事か?オヤジギャグかい!!

Leave a Reply