秋の気配

日中はいつまでも暑く、政治家達は暑苦しく醜い自己弁護と自己保身を曝しているけれど、自然は少しずつ秋の気配を感じさせてくれるひとときが。朝夕は涼しい風を感じられる日も…9月半ばでやっと! しかし、今年は秋雨前線の活動の問題なのか、台風の進路も例年と違う。関東地方は雨が少なく取水制限を行う河川も出始めた。

尖閣問題で中国も動き始めたね。会談の一方的なキャンセルやら、コンサート・イベントの中止。中国が損をしてでも日本製品の不買運動をするとも宣言しているみたい。韓国との竹島問題も尾を引いたままだし、さらにはロシアからも3日前に500人分のビザの申請をムチャ振りされて日本は受けちゃった… 船旅で8日に出発したというのだから、完全な見切り発車…という事は日本は絶対にビザを発給すると踏んでいた訳。ほらね!全て私が言っていた通りになって来た。隣国達は揃って「日本はゴリ押しすればいう事を聞く国」という扱い。このままだと北海道はロシアの、沖縄〜九州は中国の、山陰〜北陸地方は韓国の領土くらいの事を言いだすよ。四国はどこが取りに来るんや?オーストラリアか?(笑) 日本もはっきりした態度を表明して、行動を伴った(監視・防衛や経済的な制裁)抗議活動をするべき時だと思うなあ。とりあえずはこの3国の駐在大使を呼び戻して、駐日大使は本国に帰ってもらおう。そちらが態度を改めないのならこちらも全ての外交交渉のテーブルにはつきませんよ!と。これらとの輸出入も雇用も止めちゃおう。もちろん援助も支援も。それくらいの態度で臨まないとわからないメンタリティーを持った人達なのだから。「目には目を、歯には歯を」ということわざを知らんのかね。いやいや、日本の国交より自分の次の選挙か。日本の政治家は間違いなくそういうヤツ等だよなあ…ふう〜。

がっかりな話ばかりで終わるのは嫌だし、自然の恵みの幸せなネタをお届けします。毎年晩夏〜初秋の味覚として楽しみにしている、A森県はI木山産の「ダケのきみ」が今年も届いた。これまでにも何度かこのブログで紹介しています。生産者のO田桐農園とSいとうシェフを引き合わせ(WEB上で)もした。生でも食べられるこのトウモロコシは甘みが抜群!皆さんが想像する「すごく甘いトウモロコシ」3本分を凝縮したくらい甘い。

dakekimi

例年通りBストロSいとうの分も併せて送って貰ったので早速届けました。人気メニューの「だけきみのスープ」が「本日のおすすめ」に出ている頃ではないでしょうか。あ!もちろん、食べたい方は「問い合わせ」してから行って下さいね。あれば絶品のスープが味わえます。←ここはコマーシャル!

ビストロさいとう 03-5966-0125

さてさて、もう一つの幸せはシェフからお礼にとCRYを貰った。なんという贅沢!シェフの家庭料理が食べられる。NPLの時も、なにかとあちこちに差し障り(他のお客様からムチャ振りのリクエストとか…)があると悪いので、なるだけ判り難く書く努力をしているのだけれど(笑)まあ、公私ともに仲良くさせて貰っているのでありがたくこの幸せを享受させて頂いています。シェフからは、もしどこかからクレームが来たら「今はN田さんと付合っている」と答えるから大丈夫、というメールが… いやいや、それはバラさないという約束でしょう(笑)

curry

Leave a Reply