解散

野田首相が突然の解散表明。なんだかなあ…解散って、党首討論の売り言葉に買い言葉みたいな行き当たりばったりで決まるんかいな。「衆院の議員定数削減への協力」を盾に2党の党首の独断で、この条件なら…なんて形の解散なんてあって良いのかね。これをもってしても彼らがどれだけ国民の事なんて何も考えていないかが判る。衆院の議員定数の是正か。はっきり言えば、全員不要。議員定数なんて「0」で良い。この解散に異を唱えている議員だって自分の身の処し方に困っているだけ。なんて言っているうちに民主党から離反者が続出している。

この選挙にだって税金が必要。またも無駄遣い。おまけに解散総選挙で政権が安定するまでに国政はストップする。これまでも放ったらかしにされていた案件はさらに先延ばし。今回は間違いなく政権交代すると思えるし…

そろそろ目を覚まそうよ…と言ってもこれは政治家に向けた言葉ではなく、我々有権者に対して。今の政治家なんて誰も信用ならない。信用しちゃダメ。前回の民主党大躍進は「自民党政権からの脱却」を国民が望んだから。しかし、民主党が変えてくれると何かを期待したら見事に裏切られたでしょ?(私は何も期待していなかったけど)そしてまた次のターゲットに期待している我が国の国民はバカじゃないかと思えてくる。橋下にしろ石原にしろ同じ政治家だよ。彼らが何かを変えてくれるだろうなんて期待してはいけない。自分達で国の根幹を変えるくらいの意識を持って選挙に臨もうよ。まずは、既存の政治家は全員不要という意思を表明したい。これまでにも何度も書いているように「投票率100%なのに、全部が白票」だったらさすがにヤツ等も気がつくだろう。こういうアピールを国民・有権者側から突きつけないと、真面目に仕事をする政治家なんて現れないとすら思う。

有権者は何かを期待して依存するのではなく、自ら立ち上がり、考えを表明しようよ。自分達で出来る事は自分達でやろうよ。外交や防衛という国を挙げて対峙しなければならない事は、国民投票でも何でもやって決めれば良い。公務員の報酬は、彼らのサービスに応じてこちらが決めよう。政治家の歳費だって同じ事。我々の為に役に立たない仕事をいくらやったところで、こちらはそれに対価を支払う必要はない。お店で要らないものを売りつけられたって買わないでしょ?不要なサービスを押し付けられて報酬を要求されてもお金は払わないでしょ?今の彼ら(政治家と公務員)の態度は、正にこういうこと。しかも自分の報酬の額まで自分達で決めている。

皆、日本をどういう国にしたいのかなあ。100人いれば100通りの意見はあるだろうけど。第二次大戦敗戦後すぐの国・世界の情勢と今はもう全く違うのだから。いつまでもジイさんたちがその年齢なりの常識と考え方で物事を進めるのではなく、これからの日本をどうするのかという考えを実行に移せる人材はいないものか。大きな矢印として、外交の二つの柱、「防衛・軍備」(戦争放棄の条文は堅持して欲しいけど)に対する考え方と、「経済・貿易」(経済を活性化は、対外貿易か内需拡大か)くらいの事ははっきりしたいなあ。TPPを今さらのように政策の論点にあげて来たけどね。

私個人は経済活性化なんて必要ない。現行の自転車操業のように新しい事を常に産み出さなければ、お金が産み出せない・動かないような市場経済は不要なのです。皆の収入が減って、大儲けして豪華な生活は出来なくても、皆がつつましく幸せに暮らせる日本になれば良いなあ。自分の職業柄だろうけど、新しいものを追い求めるだけでなく、古いものを大事にする国にならないものか。過度な文明なんて要らないから文化的な生活が出来ないものか。生活水準としては、1970年代頃の暮らしで充分だけどなあ。そもそもバブルに至るまでの戦後の高度経済成長から、現在のように状況が180°変わって市場が冷え込んでいるのに、そのままの収入維持=高価格安定)を夢見て無理するくらいなら、政治が経済に手を出して、様々な価格(土地など)を抑制するようにすれば良い。経済界からの献金があるから、そんな事出来る訳ないな。そもそも税収が減って、自分達の思い通りに予算が使えないから消費税増税を持ち出すような彼らには到底そんな考えはないだろうけど。少子化だって様々な要因はあると思うけど、日本の場合は政治のせいも大きいように感じる。

それでも、先日読んだある文章では外国人は「日本って素晴らしい」って感じているらしい。円高でドル換算で日本人の収入をみている事もあるし、円高=日本に対する高評価とする単純な論理もある。外交的にも昨今の中国・韓国の態度に対して漁父の利で日本の評価が高まる事もあるらしい。大震災の復興に対しても、諸外国の例(ハイチ地震など)からは驚異的な早さで立ち直っているように評価されるようだし、諸外国のボランティアに対する被災者の誠実で謙虚な態度も高評価だ。でもきちんと最後にオチが…いくらそう言われても、日本人は自国の政治や大企業に対して、問題だらけで「トホホ」感満載である事を、その評価をした外国人に告げたら「だから、政治家も官僚も大企業もホントにだめだと思っている。それなのに日本人って、ちゃんとやっていけてるからミラクルなんだ」だって。喜んで良いのやら…

Leave a Reply