挑戦状

薮蕎麦が火事。タケヤブヤケタ←不謹慎! 先年、立川談志が亡くなった時には、Mロさんに談志が死んだというメールを送ったけど…

「薮」は、昔から何度か行った事があり雰囲気が気に入っていただけに残念。「蕎麦屋で酒」が自然に似合う店。神田須田町界隈の独特な空気感の中心的な存在の建物だっただけに、近代的な建物に直されなければ良いけど…

…とかって書くと、私の事をグルメだと勘違いする人が多い。時々このブログの読者の方にも言われるけど、決してそんな事はない。Mず家のオヤジに「Nしやんは、結構微妙な味が判るから、職人は… 嫌うね!」と言われた。嫌うんかい!(笑)その割にはオヤジもSいとうシェフも仲良しなんだけど。もしかしたら一方通行!?

で、そのグルメでない私は、結構ベタにジャンキーな食べ物も好きで、お好み焼きも作るし、辛いカライ担々麺も時に食べたくなる。このところなぜかテレビ番組やCMなどでハンバーグが気になり、随分長いこと食べてないなあ…なんて考えていた。シェフのHBGもまだ出て来てないし(笑)さらに何かの番組で「スコッチエッグ」が出て来た時に急に閃いた!でも、まったく作り方がわからない。調理方法のアイディアさえ出て来ない。

それは…「半熟のスコッチエッグ」

ハンバーグを切ったら、断面から半熟の黄身が流れ出る。美味そうな絵だけが出て来るものの、ひき肉に火が通る事と卵が半熟になるための温度と時間の関係がものすごく難しそう。もう一つ、生卵(または温泉卵的な?)をひき肉の真ん中に詰める方法が思い浮かばない。

月末にSいとうに行く予定なのでその時に挑戦状をたたきつけてみよう!とか、Mず家のオヤジに言ったら面倒くさがるだろうなあ…とか、探偵ナイトスクープに投稿して林先生を引っ張りだそうとか…色々考えていた先日、よく行くI橋の日帰り温泉施設の帰りに定番のN登で一杯。いつも通り美味しい焼き物と吟味された日本酒(この日は純米生絞り三連発)で迎えてくれ、例の糠漬けはたら白子!その時、ここのU島マスターは、讃岐のうどん屋の定番「半熟卵の天ぷら」の挑戦に応えてくれた事を思い出した。早速半熟スコッチエッグの話をしたら、もう答が出たらしく今日のメールにこの写真!

20130219204548

すごいなあ。でも、作り方は書いていない…出来たら実用新案をとろうとかって言ったからかな。発案者の権利はどうなる(笑)早速昨日のおすすめメニューの一品になったらしい。HPで確認したら、値段設定(安い!)とタイトルに問題が…「半熟スコッチエッグ」実用新案登録申請中…くらい書かなくっちゃ。食べに行ったら作り方を教えて貰えるのだろうか… うーー!解らん!

Leave a Reply