食は文化だ!

このところ暇で(あかんやん!)そもそもこの時期は仕事は少ないものだが、今年はそれにしてもひどい。おかげで他にやらなければならない雑事が出来る…それだけでなく、他にも、気にかけて目を向けなければならないことや、考え事もはかどるのかも。

さて、今日はそういう訳で家で昼食。しばらく前に発注しておいた讃岐そば(!←びっくりでしょ?)が届いたので、それを食べることにした。

讃岐そばなんて聞いたこともないと思うけど、K川では、期間限定で製麺業者(もちろんうどんが大半)が、そばも作っている。うどん屋でもその時期には「そばあります」とかの貼紙が出るらしい。わざわざ香Gに行った時に蕎麦を食おうなんて思う訳がない(山Gでうどんを食おうと思わないのと同じ)のだが、なんだかずっと気になっていた。だって気になるでしょ!?讃岐蕎麦…

実は一度、香G坂D:Hの出製麺のお取り寄せ蕎麦があって、しばらく前に注文したことがあった。なんだか、蕎麦に対する思い入れがないというか愛情がないというか、そば粉を入れて捏ねて麺をつくりました、みたいな感じであまり好きではなかった。日のD製麺は香川で大人気のうどんを出すお店で、いつも大行列、私も、ここのうどんは大好き!なのに…これは文化が違うな!と感じた。…で、今回もう一度となったのは、このそばがRみばあちゃんのうどん屋さんでつくった蕎麦で、メール便で簡単に注文出来たから。もう一度違う製麺所の蕎麦を試してみようと思った。るMばあちゃんは、高M市内の川っぺりの小屋で出すうどんが大評判になり、いまや香Gの人間国宝(笑)超有名人! お店も大きくなって今はお孫さんとお店を切り盛りしている。まあ、コマーシャリズムにうまく乗せられて、ちょっと大変なことになっちゃっている感もあるけれど。

さて、どんな麺なのか…開けてみたら「太い!」Hの出の蕎麦とは全然違う。Y形の蕎麦も太いけど遜色ないというか勝ってるかも…茹で時間も9〜11分と殆どうどん。茹でて水で閉めて、蕎麦出汁(今日は寒いので温かいつけ出汁にして)をつけて口に入れたら、味と香りは蕎麦…かもしれないけど食感はまるでうどん。口当たりものどごしも、つるつるして、蕎麦特有のちょっとゴソゴソするような、ざらついた食感がまったくない。

う〜〜ん…やっぱりこれは文化が違うな。この違いは大事にしないと。お互いに物わかりが良くなって、中庸なものが出来ても何にもならない。Internationalを目指しちゃいかん!←わからんか…

▽蕎麦(うどん!?笑)太い!

rumißsoba

Leave a Reply