吉牛…吉蕎麦?

金曜からまたY形。今回はちょっと長丁場で、月曜に秋Tに移動して火曜までの旅。

さて、本日もレンタカーで市内移動。今日はK山から北上して市内北側の仕事場まで。ひとつ目をサービス残業したので、本当は、途中でホテルに寄って着替えとシャワーなんて考えていたのに、そんな事もちろん出来ずに、昼食の時間もあまりない…

そこで、2つ目の仕事場のすぐそばにある、ずっと気になっていた「ある店」に入る事をとうとう決意した。その店とは…

山G市内を南北に走る西バイパス沿いのY形中央IC入り口信号すぐそばにある駐車場付き郊外型Y野家。そう、あの「牛丼の吉野家」です。別にわざわざ山Gで吉野家に入らなくても、東Kでもどこでも、いつでも入れるじゃん!という人はこれを見よ!

soba-yoshinoya

 

soba-nobori

吉野家の看板に十割そばって書いてある…う〜ん!気になる。多分、日本広し、西田宏といえど、吉野家で蕎麦を出すのはここだけだと思う。しかも十割! 日本全国を回っているけれど、こんな看板は他で見た事がない!(ちなみに、山Gの人達はここで見慣れてるせいか、この店に入った事はなくても、吉野家で蕎麦は普通だと思っているらしい…山Gでもここだけかもしれないのに…)

だから、ずっと気になってた。ずっと入ってみようか迷ってた…

でもなあ、吉野家だし、せっかくの一食を無駄にしたくないし、この地には他に美味しい蕎麦屋が山ほどあるし…どうせ、吉野家の蕎麦だぜ!?的な感覚。

だから、今日は渡りに船!ブログのネタにもなる。意を決して入ってみる。店内はカウンターだけではなくボックス席も多数。メニューには牛丼だけではなく、天丼やうな丼まであって、皆さん結構それも頼んで食べていらっしゃる。蕎麦は店内で作って茹でているらしい貼紙もある。メニューも(最近あまり吉牛に行かないのでどんなだったかあまり覚えていないのだが)なんだか高級っぽい。牛丼の並と大盛りしかないって話ではない!

menu

さて、せっかくなので、十割蕎麦と牛丼のセットを注文。ここではこれしかないでしょう!…で、ほどなく到着。

soba-set

蕎麦は、細めの更級タイプ。Y形の田舎蕎麦風黒くて太い蕎麦ではない。でも、そんなに悪くはない。腰もあり、なかなか美味。蕎麦に対する文化や愛を感じるといえば良いのか。大阪や讃岐では、どんなひどい店に入っても、そんなにひどいうどんは出てこない。関西は、うどんだけは、どこで食べてもそこそこ…的な感じか。牛丼は同じ味…ま、当然やね。

仕事場で汗だくになり、帰り道の小さな温泉に15分だけ寄って汗を流し、ホテルに戻ったら、エレベーターで知人に会った。まったくの偶然!びっくり!!後輩のピアニストで、これまでにも何度か仕事を頼んだり伴奏をお願いしたりしているT原Sえ。そういえば、以前Y形響の仕事でもご一緒したので、今日もY形響?って訊かれた。

 

 

 

 

 

Leave a Reply