どうせえ…っちゅうねん!

今日は三Eで仕事。最近は東海D新幹線は新横H駅利用が普通になり、今日は、少し時間があったので駅前のコンビニに寄った。そこで出会ったレジのオネエチャン…ちょっと危なっかしい感じの、醸し出される空気感は、Yしもと新喜劇Yまだ花ちゃん。まあ、すべてに不器用で、レジでバーコードを読むのに時間がかかる。なんというか、バーコードリーダーを目の高さでカマキリのごとく構えて、狙いをつけて詠み込もうとして、失敗…みたいな。なんどもその構えを繰り返す。つり銭の計算も、端数が出ないように計算して出している意味が掴めてない様子。しかも、◯×円お預かりします…の金勘定が遅い。ことごとくギクシャクとぎこちない。時間がかかる。極め付けは、つり銭を渡す時に、右手に持ったつり銭とレシートを、自分の手のすぐ下に自らの左手を添えて右手を返した。わかりますか?あなたがそうすると、自分の右手から左手に、お釣りを持ち替えるだけで、オレには渡せないのですよ。どうせえ…っちゅうねん!お釣りを渡す客の手の下に、念のために左手を添えて…が普通の人の対応。あ〜あ〜…はなちゃん、がんばってや!

Leave a Reply