共産党嫌い

思いっきりな直球勝負のタイトルですが、あまりのことに我慢ならずに伏字はやめた。

今朝10:00ウチのベランダ(2F)に向かって、選挙カーでの演説がまた始まった。やかましい喧しい!!練馬の共産党はいつもここで選挙演説をやる。今回は練馬区長選と区議補欠選。駅前でもなく住宅地。午前中殆どの人が勤めに出ている時間。誰も聞く人もいない。向い側の老人ホームも迷惑だろうに… 車は道の片側一車線をふさいで交通の妨げにもなる。信号交差点からの距離も近い。そもそも他人の家のベランダにちょうど高さの合うくらいのスピーカーから大音声で演説するセンスが考えられない。しかも、文句を言ってもやめない…これで人のために仕事をする政治家になりたい…なんてどの口が言えるんだ!?

5〜6年前だったか、病気で寝てる者がいるので頼むから別の場所で…って言ってもやめなかった。共産党練馬支部に電話をしたら、我々の活動を邪魔するのか?正当な活動だから知るものか!的な事を言われた。これで絶対に共産党には票を入れないことに決定。共産党って、どちらかといえば、いつも取り締まられる側の(左翼系という意味)成れの果てだから、被差別感が強いんだろうな。そもそも練馬区議会の補欠選挙候補が、消費税やら武器輸出の話をしたってお門違いだろうが!あー!!腹が立つ。

ホントのところ、どこに言えば解決するのだろう…警察かな。

Leave a Reply