むかし噺 貝島克彦メモリアル 5

○スイスブラスコングレス

1976年6月にスイスのモントルーで、第1回国際ブラスコングレスが開催された。これはそれまで別々に活動を行っていた、Trp, Hrn, Trb, Tubaの各世界協会が友好協力を目的に合同でのコングレスを行ったものである。その時の招待ソリストはまさにスーパースター達が名前を連ねている。7日間の会期中Tubaで講演をおこなったのは(たったの!)8人、フレッチャー、ジェイコブス、エンゲルスなどの有名人、と、ならんで、ただ一人貝島師の名前が・・。Tubaではもちろん、全金管の中でさえたった一人の「コングレスに招待された」東洋人だったのである。

その頃はもちろん世界テューバ協会の日本支部長(1980年まで)だった貝島氏だが、支部長らしい活動はあまり(というかほとんど)行わず、そのブラスコングレスの話も学生には言わないため、わが師匠ながら、そんなにスゴイ人だとは知らなかった、という弟子も多い筈である。

そもそもこういった「自慢話」をまったくしない人で、今回このプログラムを準備するために色々な人にインタビューせねばならず、大変な苦労をさせられ た(←でも、大変楽しい時間だった)のである。つくづくこの手の話は弟子としては生きている内に掴んでおきたかった!と思うものであるが、しかし、こういう人柄こそ「我らが師匠」という感が強いのは、決して筆者だけのものではないはずである。(先生がもう少し年を取られた頃、思い出話として聞きに行こうと計画していた筆者であるが、それも、もう叶わないものになってしまった…)

この文章中のたくさんあるであろう間違いや失礼な表現については、年月の経過した昔のこととしてお許しいただき、この他にもたくさんあるであろう、たくさんの「エピソード」や、先生の「録音」その他の資料をご存知の方は、是非その詳細をお教え下さい。

また、文中のインタビューにご協力下さった皆さまに厚くお礼を申し上げます。

注1)佐藤倉平

1900~1987没、元新響・元N響Tuba奏者、後に日本フィルのインスペクター。貝島氏が在学中の 武蔵野音大Tuba講師及び日本テューバ協会会長。JETA名誉会長。日本テューバ界の草分け的存在。世界テューバ協会(I.T.E.A.)永世名誉会員。

注2)ABC 交響楽団

昭和26年に近衛秀麿の主宰でできたオーケストラ「近衛管弦楽団」。昭和31年にABC交響楽団と改称。昭和35年ころにはメンバー表には元芸大Tuba教授の大石清氏の名前が見られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。