連休で…

昨日の土曜日は、仕事でY形K井中学のレッスン。吹奏楽コンクール小編成部門の最高位「東日本大会」への出場を決め、来週の本番に向けての最後の仕上げ。この仕事の時間設定が一度変更になり、その際に交通チケットの変更をしたのだが、何をボケていたのか、往路の切符を6日→16日と間違えて予約していたことに前日気づき、慌てて正しく取り直そうとしたら満席で、結局自由席に並ぶ羽目に…秋の行楽シーズンで、しかも連休初日か…自分の間違いなので諦めて始発の東京駅ホームに出発の40分前に着いて列に並ぶ。既に人はいるものの、10人目くらいなので楽勝で座れそう!まあ、これで寝て行ける、と一安心。ところが!!この列が違う列だった…
説明しにくいのだが、列車種別ごとに並ぶ列を変えて設定してあるらしい。しかも極めて不親切な案内で知っている人にしか判らない。
具体的にいうとホームに「つばさ先発」と「次発」(これは列車に対して並行に北向きの案内)、少し離れたところに列車に対して45度南西向きに「やまびこ・こまち先発」「次発」と、一つの号車に少し離れて二つの自由席の列の案内がある。(テープ貼りで床面に書いてあるのみ)しかし列車の指定号車のドアから離れて斜め45度の列なんて、知らなければ誰も気づかない!
現に私の前の約十人は何も疑わずに、列車に並行に示された「次発」の列に並んで先発列車の出発を待った。この先発列車は「やまびこ」。隣の先発の列の人達が次々に乗り込む。しかし!これが間違いの始まり。この人達が並ぶ列を間違って(つまり、やまびこに乗るのにつばさの列に並んでいた)いるにもかかわらず、知らない我々はこのままで並び方が正しいと思い込んでしまった。悪いことにやまびことつばさの間に「こまち」の出発があったので、つばさ利用の人たちは、それが出るまで次発の列で待ち、こまち利用の人だけ先発の列に移動。その列はその後人が増えてかなりのに人数になった。ところが、この人達は、こまちが来ても大半が乗らない。乗らなかった人は皆この列が先発つばさのものだと知っていたらしい。早くから並んでいたのにこのシステムを知らない我々は「並び方がおかしい」と抗議したが、知っていた彼らは知らない方が悪いという理屈。彼らに文句を言っても仕方が無いが、彼奴らの後ろに並ぶのもけったくそ悪い!!(怒)
この間、駅員の誘導などは一切なし!
結局、Y形まで3時間立って行きましたよ…50台になって立っての旅は結構キツイね。
それにしても、こんなに判りにくい表示を平気で放っておく(殆どの人が間違って認識しているのも放ったらかしてそのまま。これが原因でトラブルになっても駅員は介入せず、結局知っている人だけが得をするような)JR東日本・東京駅には…なんていくら言っても、多分何も変わらないんだろう。最近の日本人は文句を言わずに物分りが良いことが美徳だからなあ。口うるさい小言幸兵衛なんて鼻つまみもの!正しい主張をしてもクレイマーなんて言われちゃう。(息子にフレンチトースト作っちゃうぞ(←わからんか:笑)これからの日本人はニッコリ笑って、尖閣も竹島もどうぞどうぞ!って言い出すのかな。オレは意地でも口うるさいイヤなオヤジになったるで!
しかし、若いつもりでも、やっぱりキツかったです。おまけに、今日は三重に日帰りで、明日は再びY形日帰り。今週末のソロの仕事まで持つかなあ…(弱気)

Leave a Reply