潤い成分

冷たい秋の雨、湿気がべたべたとまとわりついて気持ち悪い今日のT京です。シャワーを浴びていて、最近ずっと気になっている事があるので一ネタ。

最近の石鹸やシャンプーなどに必ずといっていいほど入っている「潤い保湿成分」というやつ。髪や身体を洗った後いつまで流してもヌルヌルが残って、どこまで落としても洗剤が残っているのか、残らず流せたのかが判らない…

身体を洗ったらすっきりサッパリと洗い流したいのに。髪の毛もシャンプーを落としたらギチギチ音がするくらいさっぱりしたい。私にはどこまでが石鹸のヌルヌルで、どこからが保湿成分のしっとりかがまったく判らない。しっとり…というよりはこちらもヌルヌルに感じる。だから、いつまでも気持ちが悪い。私が極端なだけ?

皆、そんなに潤いのない生活を送ってるのかなあ…充分潤いのある生活を送っている私には不要な成分!笑

まあ、どうでもええ話なんですけど…

Leave a Reply